読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康ニュース

健康に関したニュースを2ch風にまとめたブログです。

【恐怖】ピロリ菌 の感染者が 40代以上に多い!?その原因と症状がヤバイwwww

今からピロリ菌の原因と症状のお話をします。

 

ピロリ菌とは

 

 なぜ、どこで、いつ、どのようにピロリ菌に感染したのか?

未だに感染する経路は不明なんです。

 

ピロリ菌の正式名称は、「ヘリコバクター・ピロリ菌」。

食べ物や飲み水から感染する経口感染がほとんどで、多くが幼少時に感染すると考えられています。

日本の場合は衛生環境が十分整っていなかった時代に生まれた方の感染率が高く、50歳以上の約80%の人はピロリ菌を保菌していると言われています。

 

ピロリ菌は胃の粘膜にはびこる細菌であります。

f:id:sas1535ki:20170324222726p:plain

引用元:www.pylori-story.jp

そのものの寸法は4ミクロン(4/1000㎜)で、2,3回、ゆるやかに右巻きにねじれているのです。

 

片方の端には「べん毛」という名の細長い「しっぽ」(べん毛)が4~8本ついていて、くるくるまわしながら活発に動き回るという作業ができるのです。

f:id:sas1535ki:20170324225834p:plain
提供:兵庫医科大学第4内科

 

 

 

ピロリ菌感染原因

 

f:id:sas1535ki:20170324223149p:plain

 

上の図にあるような経路で感染されたのが原因なのか?

 

ピロリ菌はどんなふうなプロセスで、いつ頃人の胃に侵入するのでしょうか。

 

結局、どんな風な感染経路と言えるかはまだ100%判明していません。

 

もっぱら、最近の研究から、口から入った時は感染することは確かであるようです。

 

ということで、生水を飲んだり、キスでピロリ菌に感染してしまうのだろうか?

 

f:id:sas1535ki:20170324224639p:plain

 

 

上下水道の完備などライフスタイルが整備された現代日本では、生水を飲んでピロリ菌に感染する事実はないと言われています。

 

また、成人してからの日常生活・食生活ではピロリ菌の感染は発生しないのはないでしょうか。

 

ピロリ菌は、大部分が幼児期に感染すると考えられています。幼児期の胃の中は酸性が弱く、ピロリ菌が生きのびやすいためです。

 

そういう理由で最近では母から子へなどの家庭内感染が疑問視されていますから、ピロリ菌に感染している大人から小さい子どもへの食べ物の口移しは絶対に避けた方が良いと思われます。

 

現在は生活環境が改善され、生活習慣も衛生的に変化してきたため、ピロリ菌保菌者は減少傾向。

 

現在は国民の約半数程度の感染に減少しているとされています。

 

現在の家庭内では、ゴキブリがピロリ菌を運んでいる可能性が指摘されているので、ピロリ菌予防のためにも駆除するようにしましょう。

 

ピロリ菌の症状

 

ピロリ菌がいるだけなら、症状が出ることはありません。

 

症状が出るのはピロリ菌が原因で何らかの病気が発症したときのみで、これは保菌者の約3割程度。

 

残りの7割の人はピロリ菌に感染した状態でも何の症状も現れず、「健康保菌者」「無症候キャリア」と呼ばれます。

 

無症候性キャリア とは- Wikipedia

 

 

ピロリ菌の感染予防

 

感染予防方法がまだよく解明できていません!

 

また、感染率は年代毎に異なっているのが現状です。

 

f:id:sas1535ki:20170324230954p:plain

 

ここからはピロリ菌の原因・症状が胃がんと関係していると医者が解説ことによる

世間の反応です。

 

 

名無しさん 2017/03/23 08:55
かわいい名前やのに怖いやつや。。
arinomama 2017/03/22 21:45
ヨーグルトでピロリ菌退治?みたいなCMあるが
あれは、なかなか眠たくなる話
医者行って、一気に退治しないとムリ
J('ー`)し 2017/03/22 23:41
ピロリン
名無しさん 2017/03/23 07:03
名前はかわいいのに、恐ろしい菌ですね。
甚平 2017/03/22 22:01
昔は上水道が整ってなくて、井戸水が多かったからな。地下水が全部奇麗な訳じゃ無いからな。水ってホントにありがたいよ。
odyssey 2017/03/23 06:19
ピロリ菌は、砂糖入り食品・炭酸飲料・コーヒーなどを摂ると発生する。
 
闇の騎士ダークナイト 2017/03/22 20:03
>ピロリ菌
胃ガン防止としてピロリ菌除去がエセ現代医学によって国民をゆすって
たかっているが、この効果を確認するために以前、臨床試験が行われている。
ピロリ菌に感染している人たちを、くじ引きでピロリ菌を除去するグループと
除去しないグループとに分けて、ガンができるかどうかを見た試験だ。
結果、ピロリ菌を除去したグループでは、ガンの発生は減っている。
しかし、除菌したグループと除菌しないグループでも、出たのは、ほとんどが
「粘膜内ガン」というものであったということだ。
つまり、この粘膜内ガンというのは、粘膜の中にだけ留まっているガンであり
日本では「ガン」と診断されるが、欧米では「ガン」と診断されないもの。
これは、胃の粘膜の慢性変化というものであり、無害な良性病変。
アメリカでいう 「IDLE」 というものだ。
よって、ピロリ菌除去は良性腫瘍のみの予防効果しかないということ。
ラム 2017/03/23 13:43
>胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、萎縮性胃炎
がん利権産業によって、がんを始め多くの病気の原因として濡れ衣を着せられたピロリ菌。ピロリ菌にしてみれば「え?何でオレなの?」といった感じであり、正に青天の霹靂。
そもそも胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、萎縮性胃炎等は生活習慣や食生活の悪さからくるもの。
ピロリ菌は胃を荒らす原因である悪しき生活習慣・食生活を、「生活をちょっと見直したほうがいんでね?」と、親切に教えてくれる善良菌であり、生活習慣や食生活がきちんとしてればおとなしくしている、我々にとってほぼ常在菌とも言える存在だ。
だから、ピロリ菌に感染していても何の自覚症状もない人間が多いのだ。
その大事な存在であったピロリ菌を、抗生物質で他の善玉菌もろとも殺してしまえば、必ずその反動や次なる症状が体に現れる。
その典型が食道がんであり、機能性ディスペプシアであり、各種アレルギーの発症なのだ。