健康ニュース

健康に関したニュースを2ch風にまとめたブログです。

有酸素運動によるダイエットがヤバイ!その理由とは?

f:id:sas1535ki:20180508121336j:plain

ダイエットを健康的にしてみたい人にいち押しできるのが、有酸素運動です。

ロードワークやスイミングとかが有酸素運動といったもので、息切れせずに呼吸を行いながら継続するといった運動という特徴があります。

続けて体を動かすようにしますので、瞬発力を競う短距離走やジャンプとは全く異なっていてます。

いつもより弾んだ濃い呼吸で、体中に十分に酸素を取り込み続けながら体を動かすのです。

脂肪を運動に欠かせないエネルギー源に変更する作用で、体内に吸収された酸素は脂肪と結びつけられるといいます。

効率よく体内の脂肪を燃やす効果が認められているので、有酸素運動でダイエットが可能になると想定されます。

所定の時間は運動を開始してから血液中の脂肪を代謝を行なっているといいます。体中に集められている脂肪を減少することになるため、ダイエットに役立つと考えられているのは、20分を上回る有酸素運動なんです。

呼吸がつらくならないほどが指標となるのが、有酸素運動の運動強度です。息が途絶えてしまうみたいなしんどい運動は数分だけしか続けられませんし、無酸素運動に変わってしまいます。

より以上にダイエットにとどまらず、心肺機能の増強や血圧の悪化、筋力パワーアップ効果など、健康に良いケースが一杯あるのが、有酸素運動です。

だれでも有酸素運動はシンプルなので始めることはできるはずです。ダイエットを成し遂げるために重要になると思われるのは、続けて実践できるかどうかなのではないでしょうか?

 

有酸素運動に適した時間帯とは

ダイエットを有酸素運動を通して行うにはどこの時間帯が理想的なのでしょう。

エネルギー源は、有酸素運動を開始してからしばらくの間は、血液中の糖質となっています。

体脂肪がすぐさま燃やすことをできるようにする血糖値が少ない時に有酸素運動を実施すれば、ダイエットにいいのではないかと思う人もたくさんいるのではないかと思います。

糖質とは脳の本来の栄養源なんです。ジョギング中に予想外の問題が生じる危険性も、強烈な空腹状態は集中する力が悪くなっていることに結び付く可能性があります。

肝臓のグリコーゲンを使うケースがあるのが、低血糖といった場合の運動です。あわせて筋肉の成分となるアミノ酸も利用してしまうので、筋肉をすり減らしてしまう結果になるはずです。

f:id:sas1535ki:20180508114716j:plain

 

有酸素運動を低血糖状態でおこなうより、運動を開始するのにオススメなのは、血糖値が準備された状態のときになります。

健康的なダイエットが可能なのは、少しずつ使用するエネルギーを血中の糖質から体脂肪に切り替えた時です。

ダイエットにと朝早くにジョギングを行なう人も見受けられます。空腹の低血糖状態で過激な運動をするということは、特に高齢者の方についてはリスクがあります。

また、運動を差し控えた方がいいのが食後すぐで、消化活動に血液が群がっているからです。

消化活動もひと区切りがついている食後1時間以上が経った頃が、血糖値も安定的でオススメの有酸素運動においてのダイエットを行なう時間帯といえるのではないでしょうか。

 

有酸素運動の種類

いろいろな種類が有酸素運動には在って、典型的なのはジョギングやウォーキングです。

どんなふうな運動がダイエットに適した有酸素運動なんでしょう。運動負荷が弱くゆったりとした動きで実践できるものが、ダイエットによい有酸素運動というものになります。

心拍数を一定に持続しながら長時間体を動かすなら、シンプルでリズミカルな動作を繰り返し可能である運動が安心できると思います。

ダイエットにジョギングやウォーキングがよいと言われている理由はこの点にあるというわけです。

それ以外にお勧めなのは、サイクリングやエアロバイクです。数多くの人が、ウォーキングを行なっているようで、その特徴は手軽さと運動強度の軽さです。

人気度アップがウォーキングと一緒になって高い有酸素運動はジョギングでしょう。

足腰が鍛えられ、基礎体力もつくことからその効果はダイエット効果だけとは限りませんが、重要なことは運動に適したコースや時間帯を選ぶことが大切です。

f:id:sas1535ki:20180508115044j:plain

有酸素運動を天候が悪い時、外出する気持ちがしない時にする上であてはまるのが、踏み台昇降です。

踏み台に乗り、降りる動作を一定のリズムで何度も行うのがこの運動です。動かない具合に台は壁に付けることで固定すると一段と安全に行うことが可能です。

台が無いという場合には、台を使わず足踏みのみでもダイエット効果はあるそうです。足腰が弱い人やポッチャリ型の人は、踏み台を使用しての運動は足を踏み外してこけるリスクがあるので気を付ける必要があります。

自分に合った継続可能なやり方を選択するということが、どの運動であれ有酸素運動でダイエットを行なう時には重要だと言えます。

 

まとめ

ご自宅で有酸素運動が行なえるようになると本格的に365日毎日運動が不可能ではなくなります。

有酸素運動はダイエット、健康促進、心肺機能の向上、足腰のパワーアップであるとかいろいろな良い結果が期待できます。

筋トレとは異なって器具を必要としないものが沢山あるので今すぐにでも始められるのがおすすめポイントです。

上で申し上げたことからもわかるように、一口に有酸素運動と言ったとしても数多くの種類がございます。 とりあえずはランニングやウォーキングなど注目されている運動から実践してみましょう。

とにかく先ずは実践することが大事です。

 

関連ニュース

headlines.yahoo.co.jp

 

上の記事についての世間の反応

名無しさん 4/8(日)0:27
ガッツリ筋トレしてから有酸素の方がいいには確か。ただ必死になって有酸素やるとカタボリックで筋肉落ちちゃうから注意。減量中はそれも仕方ないけど。
名無しさん 4/8(日)6:51
筋トレしてから有酸素運動の方が脂肪燃焼効率もいいし、結構常識だと思ってた
名無しさん 4/8(日)1:43
筋トレの種類、目的別にもよるよねぇ。
季節、環境にもよるけど、10分程度ならやった方が良いと思うけどな。
有酸素運動、的なモノを。
基本的には筋肥大が目的だろうから、
有酸素運動とは別と考えて、
時間を置くか、日を分けるのが良いと思うけど。
有酸素運動は約10分〜効果出て、
筋肥大の為の筋トレは、
ウォームアップ〜10分以内だから。
もちろん1部位ね。
名無しさん 4/8(日)1:49
今はこれが主流派になってるね。
だけど10年前は全く逆が定説だった。
最初に有酸素やると確かに疲れるし、モチベーションをキープするのも大変。
名無しさん 4/8(日)19:25
筋トレ前、後に有酸素までいかないけどウォーミングアップやクールダウンは必要かなと思います。
名無しさん 4/8(日)19:32
自分にとってメインのトレーニングを先にやればいいんです。
ランナー達は、走って後に筋トレって方が多いですね。
効率に拘り過ぎると、情熱を失いますよ(´▽`)ノ
名無しさん 4/8(日)1:31
記事の話は知ってたんだけど、やはり体温を上げてアップしないと、
故障が怖い。と言う事で、私は汗ばむ程度の15分位はバイクに乗る事にしています。マシンはその後で、維持する目的でやってます。
名無しさん 4/8(日)4:13
人生効率ばかり気にしてたらつまんないぞ!
名無しさん4/8(日)1:09
先に筋トレは大きな間違い。
名無しさん 4/8(日)1:13
筋トレも有酸素も不要。
ダンディハウスが一番や。