健康ニュース

健康に関したニュースを2ch風にまとめたブログです。

新茶が販売される時期とは?普通の緑茶との違いと美味しい入れ方

お茶屋さんの前にいつも

「新茶が入荷しました」のデカいキャッチコピーが書き下ろされた

のぼりがあるみたいに思っているのは

私ひとりだけでしょうか?

 

実際のところはことのほか「新茶っていつのお茶?」と気にされている人がいるらしいのです。

そうした理由から新茶の時期や手間暇掛けての新茶をおいしくする素人でも可能である

ポイントを披露しますね。

 

新茶が店先に並ぶのはいつの頃?

f:id:sas1535ki:20180601001249j:plain

新茶はかなり美味しくて、その時期だけしか味わうということができないです。

春が新茶の時期というのをご存知の人はいるようですが、

実は摘む時期に左右されていくつもの意味があるだろうということを知っている人はあ

まりないかもしれないですね。

 

新茶の時期は、それらの年の気候や地域が異なればいくらか前後することになります

が、4月中旬あたりから5月中旬頃になります。

この時期に摘み取られるお茶の葉の新芽が、新茶と伝えられております。

この4月中旬から5月中旬に積まれたお茶を「一番茶」と呼び、

6月中旬から7月上旬を二番茶、7月下旬から8月上旬を三番茶、9月下旬から10月上旬を

四番茶という風に、

4月から10月の約6ヶ月間は、ほぼ毎月茶摘みができることになります。

 

どの新茶が一番旨味のあるのかといいますと、

やっぱり一番茶である4月中旬から5月中旬の頃に摘まれたものなのです。

どうしてかというと、一番茶は冬の間ず~と養分を貯えて来て、

春の芽生えと一緒に研ぎ澄まされる新芽ということになるのです。

旨味のおかげで成分が二番茶以降のお茶よりも豊富に組み込まれていると言われています。

 

近頃では技術が発達していることもありまして、

お茶屋さんに左右されますが新茶を真空にしたり、

冷凍したりして、新鮮な状態で一年中「新茶」を取り引きしているケースがあります。

 

もっと言うなら熟成始めた新茶は高級茶葉として9月の間に出回ったりするのですから複雑です。

こういった技術的な理由より「新茶が入荷しました」とは言うもののいくつもの意味での新茶が存在しています。

もっと言うなら新鮮な新茶を希望するなら一番茶が摘まれた4月中旬以降から5月を対象にした「入荷しました」をお手本とすると良いと思われます。

基本的に今の時代は新茶を一年中手にすることができると言い切っても言い過ぎではないと思いますよ。 

 

珍しくも何ともない緑茶と新茶の違いは

f:id:sas1535ki:20180601003244j:plain

分に見たみたいに事情はいくらか複雑では見受けられますが、

一番茶として摘まれた新茶を飲めるのは一時期だけだと言えます。

 

それを受けて毎年待ち望んでいる方も多いことが考えられます。

でも季節を問わず飲み慣れているお茶となにが違うのかご存知ですか?

特徴はいくつかあるのですが、なによりもその香です。

 

緑茶の香成分は青葉アルコールと言われています。新茶には、この青葉アルコールが多

く組み込まれているのです。

甘み成分であるアミノ酸も多くセットにされていて、成分的にもすばらしいです。

 

尚のこと新芽そういうわけで柔らかく、茶葉が開くことが早いので旨味が発生し易く、渋みや苦みが多くないというわけです。

 

立春(2月4日)から数えて88日目の日を「八十八夜」とはいうけれど、「夏も近づく八

十八夜~」の茶摘というような有名な歌が存在します。

 

以前から、八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長寿をする、と噂されています。

惹きつけられる新緑のお茶の香を満喫することで元気になる新茶。

 

今度の新茶の時期に堪能してみるのもいいんじゃないですか。

たくさんの地域の味比べを始めてみても、おもしろいと思いませんか。

 

新茶をおいしく入れる方法は?

f:id:sas1535ki:20180601004954j:plain

手間暇掛けての新茶も入れ方をしくじると美味しくなくなってしまいます。

それこそ、丁寧に淹れれば普段のお茶の方が美味しくなるほどの違いがあらわれます。

 

そうならないために素人でも手軽に出来る、美味しいお茶を淹れるポイントを1つ案内していきましょう。

ぴったりのポイントとはお茶を淹れる際のお湯の温度になります。

 

本当のことを言うとお茶の甘みは熱湯で与えると無くなる特徴があるのです。

冷めては駄目なのですが、ぬるめのお湯で淹れたお茶は濃厚な甘みがあらわれてきます。

ぜひ口の中に入れて味を噛みしめてみることをおすすめします。

適した温度は70度となっていますが、お茶の席で無粋に温度計を引っ張り出して確かめるわけにもいかないのです。

そうならないために単純なのは熱湯をまず急須じゃなくって湯呑みに入れ込む手順を添えるわけです。

 

このようにすると熱湯が冷たくなった湯呑みの中で適度に冷めて適温に変化します。

そうしてから湯呑みそのものもあたためることなども可能なので一石二鳥というわけです。

それからは適度に冷たくなったお湯を急須の中に慌てずに戻して、30秒ほどじっくり待ち続けます。

 

湯呑みに新茶を注ぐ時も、飲む人数が異なれば入れ方が違ってきます。

特に複数人にふるまう場合は風味にかたよりが生じない様に、各湯呑みにちょっとずつお茶を注ぎ分けるのが新茶を美味しく入れるための技法なんです。

 

更には新茶は最後の一滴が一番味が良くてコク深いといわれていますが、コチラで申し上げた入れ方なら湯呑みで前もって欠かせないお湯を計量していますから持ってこいの量で急須が空っぽになります。

最後の一滴までひとつ残らず丁寧に絞り切って新茶を楽しんでください。

 

まとめ

例えばお客様に新茶を振舞う時点においては、一番旨味のある部分を喜んでもらえるために、終わりの一滴をお客様にそそぐと良いと思います。

これについてはビールにはないはずですよね。

ビールは終わりの一滴はぬるくなってしまっているので苦くて美味しくないです。

そういうわけで最後の一滴は自分自身に注ぎ入れるのが礼儀作法というわけです。

 

最後になりますが、新茶の時期と美味しい飲み方と入れ方を紹介しました。

お茶は健康にも良いとされています。美味しいお茶、今一度ご賞味堪能下さいませ。

 

 関連記事

headlines.yahoo.co.jp